松原良香コラム“サッカー人”

松原良香コラム“サッカー人”

松田直樹選手

第38回 松田直樹選手(横浜F・マリノス)

横浜F・マリノスのDF松田直樹。
ボクが今、日本代表に必要だと思っている選手の一人です。
96年アトランタ五輪に一緒に出場しました。

─アトランタ組の中で一番下の世代。最後に合流してきた。でも、すんなり溶け込んだよね。
「最初、みんなが怖かった。ゾノ(前園真聖)さんとか個性の強い人ばかりでしたから。特に良香クン!オーラがあって“近づいちゃいけない”感じでしたよ(笑)」

─そうだった?
「あの世代は今の若手と違ってワルかった。合宿の最中、夜は出掛けちゃったり。でも、翌日は真面目に練習する。激しく言い合うこともあったけれど、練習が終わったら引きずらない。やる時はやる。やらない時は徹底的にやらない。プロだと思った。でも、これが間違いの元だった(笑)」

─試合に出してくれないなら、代表に呼ばれた意味がない。(所属)クラブに帰る。そんなことを言い出したり。
「若かったんです(笑)」

─F・マリノスの練習を見たらマツが一番声を出してたね。若手を引っ張ろうという気概が見えた。
「今の若い選手はなかなか難しい。技術は僕らよりずっと上ですが、叱ると萎縮しちゃう。考えて言うようにしている。もうベテランの領域に入っちゃいましたから」

─32歳だろ?まだまだイケルよ。ところで日本代表から声は掛からないの?岡田(武史)さんがF・マリノスで指揮を執ってたし、マツの能力は良く知っているよね。
「試合は見に来られているんですが、上の方の席で見て帰っちゃうんで話とかはしていないです」

─代表DFの闘莉王や中沢が怪我をしたら代わりがいない。マツは体も強いし、スピードもある。サイドバックやボランチもできるよね。国際舞台も踏んでいる。絶対に代表に必要な選手だと思う。ただ、控えかもしれないけれど……。
「試合に出られなくてもいいんですよ」

─えっ?
「04年のアジアカップ中国大会で優勝できたのは(藤田)俊哉さんとか控えの人の力が、本当に大きかった。02年日韓W杯の時もFW中山さん、DFなら秋田さんが“オマエらがやらないならオレが出るよ”的プレッシャーをかけていた。後で振り返るとベテラン勢の力は大きかった。僕もそうした役割を担っていかないといけないかな、と」

─いやぁ〜、生意気だったオマエがそんなことを言うとはねぇ〜。
「最近、日本代表の“重み”が軽くなっている気がするんです。“そんなモンじゃねぇぞ”って言いたいですね。昔を知っている人からは“オマエが言うな”って叱られそうですけど(笑)」

アトランタ五輪でブラジルに勝った時のことを今でも思い出します。
怪物ロナウドに一歩も負けずに身体を張っていたマツ。
あの姿にボクは力をもらい、絶対に勝ちたいと思ったのです。
マツのような男が、今の代表に足りない気がします。
岡田さん、是非、代表に呼んでください!

このコラムは、9月18日発行の日刊ゲンダイに掲載されました。(隔週金曜に掲載)

2009年9月


▲PAGE TOP


FELICE(フェリーチェ)サッカースクール&F.C.   ターキッシュエアライン   adidas アディダス   財団法人 日本サッカー協会   JリーグOB会   一般財団法人 TAKE ACTION FOUNDATION
Copyright (C) 2005-2014 サッカースクール&イベントコーディネート FELICE All Right Reserved.